So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

「君もヒルズ族に」学生コロリ…契約内容理解せず(読売新聞)

 大阪市のIT関連会社「Lively(ライブリー)」=解散=が、実体のないインターネット関連事業への出資をネズミ講方式で募っていた事件で、「Lively」の元幹部会員は昨年、読売新聞の取材に応じ、詳細な手口を語った。

 社会経験が浅く「もうかる」との誘い文句に簡単にだまされてしまう学生像と、新手の“集金手法”を次々と生み出すグループの存在が浮かび上がる。

 「君もヒルズ族のような成功者になれる」。同社の事務所や、ビルの借り部屋で開いたセミナーで、元幹部会員は熱く語ったという。

 「面白い話がある」などとあいまいな言葉で若者を誘う。「これだけもうかる」と金額を示し、最後に「人数限定だから」と言うと、多くがその場で契約した。書面はチラッと見せるだけ。細かくは説明しない。会員の大半は契約内容をほとんど理解していなかった。

 会員は20歳代前半がほとんどで、その半数は大学生。ゼミやクラスの名簿を持ち込ませたうえ、ネットの交流サイトを駆使した結果、会員は急速に拡大した。

 通常、こうしたマルチ業者は学生を避ける傾向があるという。悪評が広がるのが早いためだが、元幹部会員は「社会を知らない学生は、『あの先輩が言うのだから』と、すぐ信用する。途中で疑い始めても、自分は借金をしたくないから友人を誘ってくれる」と言う。

 同社は、宝石や美顔器などを販売するマルチ業者から独立した数人が設立した。主要メンバーの中には、同社が解散する直前に、携帯電話を使ったネット広告収入をうたい文句にした新会社を作った者も。

 「この業界では、同じ人物やグループが次々と新手法を生み出している。自分自身の金もうけという夢をかなえる一つの方法だ」。元幹部会員は、こともなげに言った。

人気ゲームの「朝鮮海」表記 コーエー変更明言せず不満くすぶる(J-CASTニュース)
亀井氏、山拓氏の移籍否定せず(スポーツ報知)
<業務上横領容疑>名古屋保育園連元事務員を逮捕 愛知県警(毎日新聞)
岐阜と静岡で震度3(時事通信)
上原善広「日本の路地を旅する」 13年かけ500カ所 新世代の被差別部落ルポ(産経新聞)

龍馬ゆかりの「いろは丸」、鞆の浦で就航(読売新聞)

 坂本龍馬率いる海援隊が乗った蒸気船「いろは丸」がモデルの広島県福山市営渡船「平成いろは丸」(19トン、定員99人)が9日、同市の景勝地・鞆(とも)の浦で就航した。

 いろは丸は、幕末の1867年、鞆の浦沖で紀州藩の軍艦と衝突、沈没した。龍馬は賠償金交渉で鞆の浦に滞在。同市が約8000万円で“復活”させた船内には、龍馬直筆の手紙の写真などを展示している。

 この日は、歴史ファンらが700メートル沖合の仙酔(せんすい)島までの初航海を楽しんだ。龍馬にふんした仙酔島の国民宿舎職員、平田訓之さん(30)は「渡船は沈没しないので、ゆったり観光を楽しんでほしいぜよ」とPRした。

楽市楽座
MyRoad
ショッピング枠現金化
アフィリエイト ホームページ
現金化

福島県で震度3(時事通信)

 8日午後3時59分ごろ、福島県を中心に地震があり、同県田村市などで震度3の揺れを観測した。気象庁の観測によると、震源地は同県浜通りで、震源の深さは約80キロ、地震の規模(マグニチュード)は4.1と推定される。主な各地の震度は次の通り。
 震度3=福島県田村市、小野町。
 震度2=福島県いわき市、茨城県高萩市。
 震度1=福島市、水戸市、仙台市、宇都宮市。 

【関連ニュース】
鹿児島で震度4
病院の耐震化率56.2%=164カ所、倒壊の恐れ
北海道と青森で震度3
北海道で震度4
千葉県で震度3

昭和ジャンプ
てんぱりんのブログ
債務整理無料相談
債務整理・自己破産
アフィリエイト ホームページ

<傷害>入所者同士が口論 1人を逮捕 千葉・無料宿泊所(毎日新聞)

 5日午後11時ごろ、千葉市若葉区西都賀1の無料低額宿泊所「都賀荘」の一室で、入所者の無職、新谷一夫容疑者(63)が、同室の無職男性(61)に包丁(刃渡り約20センチ)で切りつけた。寮長が110番し、駆けつけた千葉県警千葉東署員が新谷容疑者を傷害容疑で現行犯逮捕した。男性は手の甲に軽傷を負った。

 同署によると、新谷容疑者は酒を飲んでおり、男性に「部屋の戸の開け閉めの音がうるさい」と注意され、口論になったという。包丁は調理用として室内にあった。

 千葉市地域保健福祉課によると、この宿泊所は02年4月、首都圏で100カ所以上の無料低額宿泊所を運営するNPO法人が市に開設を届け出た。定員80人で、09年11月末現在の入居者は77人。うち63人が生活保護受給者という。【斎藤有香】

【関連ニュース】
無料低額宿泊所:NPO法人 2年間、事業報告書提出せず
千葉低額宿泊所暴行死:他の入所者の金銭管理 起訴の3人
無料低額宿泊所
千葉・九十九里の暴行死:NPO、2年度分の事業報告せず 神奈川県が実態調査
千葉・九十九里の暴行死:低額宿泊所暴行死 起訴の3人、他の入所者の金銭管理

やすはるのブログ
torrentファイルの使い方
クレジットカードのショッピング枠を現金化
モバイル ホームページ
出会いランキング

財務相就任する菅氏「これからも内閣全体をしっかり見る」(産経新聞)

 藤井裕久財務相の後任に決まった菅直人副総理は7日午前、東京都内の自宅前で記者団に「これからも副総理の立場で内閣全体をしっかりと見ることをやっていきたい。財務省は霞が関の象徴的な存在であり、より公開された形で、意味のある仕事ができる省に変えられれば、霞が関全体を変えるモデルになる」と意気込みを語った。

 鳩山由紀夫首相は7日午前、菅氏の起用に関し「最前の結論として副総理に兼ねてもらった。予算にかかわった方なので何ら支障はない。十分国会を乗り切れる」と強調した。首相公邸前で記者団に語った。

 首相は同日午後、体調不良で辞意表明した藤井裕久財務相の後任に菅氏を充て、菅氏が兼ねていた国家戦略担当を仙谷由人行政刷新担当相に兼務させる補職辞令を官邸で交付。菅氏が兼務していた科学技術担当は川端達夫文部科学相に兼務させる。

【関連記事】
東京株、4連騰で寄り付く 菅・財務相を“好感” 
NY外為、92円前半 菅・財務相で円売り
藤井財務相辞任 政権の打撃どうはね返す
財務相交代、「無責任」と野党批判
「菅財務相」は小沢氏との距離が決め手 

えいいちのブログ
もんしろちょう
モバイル ホームページ
携帯ホームページ
現金化

埋め立て地、洪水あった土地履歴マップ公開へ(読売新聞)

 国土交通省は、全国の主要都市の自然災害に対する安全性がわかる地図作りに乗り出す。過去の土地造成の歴史や、地震や洪水などの被災歴を調べて5万分の1の地図に反映させ、インターネットで公開する。

 2010年度、首都圏の人口集中地区から始め、10年間で30万人以上の都市を網羅する計画だ。

 東京など都市部では、開発によって自然地形が大きく変わり、湿地や旧河川など住宅に適さなかった土地も、盛り土や埋め立てなどで宅地化されている。こうした土地の改変歴や、過去の河川のはんらんなどによる災害の資料は、省庁や自治体などがばらばらに所有しているため、土地の安全性を総合的に判断することが難しかった。

 国交省は、地震による被害や、集中豪雨による土砂崩れ、高潮による浸水など地域ごとの自然災害の歴史を、関係機関に問い合わせて収集する。

 地形の改変歴については、地形分類図のほか、国土地理院が保管する明治時代の地図、終戦後に行われた米軍による空撮写真などの資料も活用。100年前と50年前の土地利用分類図を作り、現在と比較できるようにする。

 被害などの情報がつかみやすいように、地図に災害年表や、解説文も加える。

 高度成長期に開発した宅地などでは、昔の地形を知る人も少なくなってきた。同省国土調査課によると、地図を公表することで、防災に配慮した土地開発や、適正な土地取引を促す狙いがある。

2010年爆走日記
n9mutiyjのブログ
現金化
クレジットカード現金化 比較
クレジットカード現金化

【キブンの時代】第1部 考えはどこに(7)他人の意見「コピペ」(産経新聞)

 ■ネットで作られる群集心理

 神奈川県の会社員、小野田信行(31)=仮名=は仕事から帰ると、パソコンでインターネット巨大掲示板群「2ちゃんねる」をのぞくのが日課になっている。その日のニュースなどについて一般のネットユーザーがコメントを書き込むネット上の掲示板群。その中に、批判や揶揄(やゆ)の書き込みが殺到する「祭り」がないかチェックするためだ。

 タレントの不祥事、政治家の失言、一般人の非常識な行動…。祭りのネタは尽きない。書き込みは匿名が原則。1つの掲示板に多いときで数万人がアクセスすることもあり、サイバー空間での“群衆”を形成している。そこに小野田も参加するのだ。

 「多くのユーザーがいる掲示板で、うまい書き込みをして、自分と同じようなユーザーに喜んでもらえると気持ちがいい」。仕事や私生活に不満があるわけではないが、「ネットに“いる”ときの方が楽しい」と打ち明ける。

 小野田は自分のことを「ネト充」と呼ぶ。リアル(現実)よりネットで精神的に充実していることを指すネット用語だ。いわゆる引きこもりをイメージしがちだが、普通の社会生活を送っている会社員や大学生でも、現実の生活よりネット上での“生活”に比重を置いていれば、ネト充と呼ばれる。リアルとネットを行き来しながら、ネットで気分よく生活している。

                  ◆◇◆

 引きこもりやオタクに詳しい精神科医の斎藤環(48)は「ネト充は頭がよく、仕事上のコミュニケーションはできる人も多い。しかし、リアルでプライベートな人間関係を築くのがあまりうまくない。リアルで吐けない意見をネットに書き込み、認められると充足感が高い」と話す。

 考えてもいないことを書き込むケースもある。

 茨城県の大学3年、三宅陽一(21)=仮名=は昨年4月、ある男性アイドルの不祥事をネタにした祭りに参加した。このアイドルに特に関心があったわけではない。「祭りが大きくなればなるほど、参加していることを誇らしく感じた」からだという。

 「実際に思っていないことでも、スレッド(掲示板)に特有のパターンがあり、それに合わせて気分で書き込んでしまう」と、関西学院大助教(社会学)の鈴木謙介(33)は分析する。

 考えなくても気分で発信できるのは「ネットは匿名性が高いため」と話すのは、中央大大学院助教(情報社会学)の折田明子(34)。「名乗らない環境では自分で考えなくなり、周囲と同じようにすることが気持ちよくなる」と解説、ネットの群集心理が気分のままの書き込みを後押しするという。

                  ◆◇◆ 

 日常生活でインターネットを使うネット人口は今や9千万人といわれる。世界中の話題が俎上(そじょう)に載り、さまざまな考えが書き込まれ、家にいながらにして多くの声に触れることができる。

 「そう思うことに危うさがある」と折田は警告する。

 「ネットを見ていると、結局はネットの中の大勢が作り上げた気分に乗ってしまいがち。乗せられて書き込んでいるうちに自分が考えたことだと思い込むようになり、その気分のままに現実の世界で話したり行動したりするようになる。実際には、他人が考えたことを選択させられたにすぎないのに…」

 そんな意見に小野田は少し考えて言った。「自分が書き込んだことがコピペした(写した)知識であることは分かっているけど…ネットの楽しさが優先してしまうんです」(敬称略)=第1部おわり

 (この連載は将口泰浩、安藤慶太、小川記代子、赤堀正卓、池田証志が担当しました)

すみおのブログ
幻の木
アフィリエイト ホームページ
ネイルサロン
現金化

10歳「八戸ふるさと大使」に、藤川市議も歓迎(読売新聞)

 青森県八戸観光コンベンション協会(笹垣正弘会長)は6日、自動車のテレビCMに出演している青森県八戸市内の小学校4年生・沢上りんかさん(10)に「八戸ふるさと大使」を委嘱した。

 沢上さんは4歳の頃から、同市内でストリートダンス・スタジオを主宰する父親の光裕さん(31)の指導のもと、毎日3〜4時間の練習を続ける努力家。表現力には定評があり、ダンスイベントでは「RINKA」の名前で知られる。昨年秋、CMのオーディションで約200人の中から選ばれ、身長約132センチと小柄ながら軽快で力強い踊りを披露している。

 「ふるさと大使」は、八戸市のイメージアップとその魅力を伝える。沢上さんは「うれしい。大好きな八戸のPRに頑張りたいです」と笑顔を見せた。委嘱式にはふるさと大使の先輩になる藤川優里市議も駆けつけ、「力強い味方ができた」と歓迎した。

えつこのブログ
なおとのブログ
競馬情報
クレジットカードのショッピング枠を現金化
クレジットカードのショッピング枠を現金化

兵庫・伊丹の老人ホームで火災、男性1人死亡(読売新聞)

 2日午前2時15分頃、兵庫県伊丹市中央2の有料老人ホーム「やすらぎの館」=鉄筋9階建て、西村信義館長=4階の部屋から出火、同室約50平方メートルが全焼した。

 焼け跡から、男性1人の焼死体が見つかり、伊丹署はこの部屋に入居している男性(91)とみて調べている。

 この火事で、入居者ら約60人が室外に避難した。

はなまるこの2010年
としみのブログ
競馬サイト
現金化
クレジットカードのショッピング枠を現金化

日系ブラジル人、増える帰国者=不況が直撃、学校閉鎖も−長野(時事通信)

 電子部品製造業が盛んな長野県伊那市。日系ブラジル人労働者が現場を支えてきたが、昨年秋からの不況が直撃、帰国する人が増えている。今年4月には帰国費用の一部を負担する国の制度がスタート。厚生労働省によると、12月1日時点で全国で1万6460人が制度の利用を希望した。同県の希望者は全国で5番目に多い1071人、地域のブラジル人学校も閉鎖に追い込まれた。
 市内にあるカトリック伊那教会のクリスマスミサには今年も100人以上の信徒が集まったが、例年20〜30人いた日系ブラジル人の姿はほとんど見当たらなかった。
 「家も建てたし、子供も日本の学校に通っている。帰国は考えたことはない」。信徒のベルナルド・梅崎さん(41)は1月に電子部品工場で派遣切りに。100人いた日系従業員のうち、残ったのは10人程度だったという。今は別の工場で派遣として働くが、立場は不安だ。周囲が帰国する中、「取り残されている感じがする」と明かした。
 教会から車で約20分のブラジル人学校「コレージオ・ピタゴラス」の長野校(箕輪町)は年内の閉校が決まった。同校は1999年以降、全国6地域で開校していたが、親が職を失い生徒が減少、運営が厳しくなった。昨年夏には120人以上いた長野校の生徒は、閉鎖が通知された11月30日には52人に。山梨県南アルプス市と栃木県真岡市の学校も閉校が決まった。
 長野校で歴史と地理を教えるベルナデーテ・リマさん(50)は、「昨年から生徒が減っていたから予想はしていたが、急に3校まとめて閉鎖になるなんて」と驚きを隠せない。「日本には親類もいないから、子供たちは家族のように付き合っていた。みんな悲しんでいる」。NPO法人化など、存続させる方法を保護者と探っているという。 

【関連ニュース】
「派遣村」再現阻止を強調=失業者支援施設を視察
「公設派遣村」スタート=「条件厳しく」批判も
「年末の住居相談」動画で紹介=鳩山首相
子ども手当、雇用対策を歓迎=10年度予算案で
失業率5.2%、4カ月ぶり悪化=求人倍率は3カ月連続改善-11月

くにおのブログ
null
カードでお金
出会いランキング
クレジットカード現金化

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。